確定申告は難しい① ~ そろそろ準備を開始、今年も赤字申告になりそう

いよいよ年末である。

年が変わるまで、あと1週間を切ってしまった。

 

年が明ければ確定申告の時期となる。

そして、ワタシにとっては年末の恒例行事にはなるが、2月から始まる確定申告の準備を、すでに開始している。

 

ワタシのように区分ばかりを10部屋も持っていると、それぞれの部屋ごとに管理会社も違うので管理費用も違ってくるし、部屋ごとに固定資産税額や管理費・積み立て金・減価償却費も違って、計算がヒジョーにメンドウになる。

 

そのため年明けからバタバタすることがないように、早めに計算を始めているのだ。

 



ワタシの場合は、エクセルで計算して、e-TAXにて申告をしている。

今のところ、それが一番手っ取り早いと思っている。

 

そしてまだ計算中ではあるが、今年のだいたいの収支はわかってきている。

2017年の、家賃の総収入は だいたい¥440万ほどになりそうだ。

 

それに対して経費の方は、

① 今年購入した2部屋の購入経費が、だいたい¥100万円

② 管理費・修繕積み立て金が、ほぼ¥100万円

③ 今年支払った銀行の利息分が、¥84万円ほど

④ 管理会社への管理費用が、¥20万円ほど

⑤ 減価償却が、まだ計算してないが、おそらく¥80万ほど

⑥ 固定資産税・不動産取得税が、おそらく¥40万ほど

⑦ 2部屋空室とエアコン修理があったので、現状回復費・広告料で¥40万ほど

⑧ 保険代やその他の経費 = 計算中

という事で、経費の方は おそらく¥500万ほどになると思われる。

 

今年もなんとかマイナスになりそうだ。

( 融資を増やして行くには、赤字の申告は非常に良くない。 良いコはマネしないように )

.


 

また来年は、アパートを1棟買う予定にしているので、不動産取得税やその他の諸経費モロモロで、また申告はマイナスになるだろう。

その次の年くらいからは、¥65万円分の申告控除を利用するために、青色申告を考えた方がよいのかもしれない。

 

不動産経営は、税金との闘いでもある。

儲からなければ撤退するしかないし、儲かればもうかったで、税金で持っていかれるからだ。

それを乗り切るには、その場面・場面に応じた税金対策を行っていく必要があるのだよ、、、

 

 

 



 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です