中古アパート購入への道 ③ ~ 本命のRC物件現る!

少し前から、中古アパートの買い付けのことを書いていたが、なかなか進展のない状況が続いていた。

しかしその中で、ここ数日の間にイロイロと状況の変化があったので、報告したい。

 

まず一つ目の報告。

前から書いている木造の候補物件の二つ以外に、いきなりの大本命物件が現れたのだ。

木造ではなく、テッチンコンクリート製の3階建て、6部屋ある築16年の物件である。




wpX

以前から、エレベーターの無いミニRC物件を欲しいと思っていたが、なかなか条件の合う物件が無かった。

今回は築浅で、¥5000万程、福岡市内の人気駅から徒歩10分ちょい。

土地も50坪近くあり、利回りは7%ほど。 駐車場も3台ついた申し分ない物件だ。

 

若干の指値を入れて、さっそく買いつけを入れてみたのだが、結果は運よく1番手であった。

余計な2番手が現れないことを祈りつつ、銀行への打診を開始した。

 

今回の物件はRCなので、耐用年数は47年。

築16年の物件は、当然残りの31年分の融資を楽々引けるものだと考えていた。

 

ワタシが打診した二つの銀行の返答は、

① 47年ではなく、35年から築年数を引く  という銀行と、

② 47年ではなく、40年から築年数を引く  というパターンだった。

これでは、長くても24年しか融資を引くことができない。

 

全国区のOX銀行は、前の木造アパートの片方で一次審査中であり、結果がでるまでは使うことができない。

うーん。 辛い状況である。

.

★LOLIPOP★

そしてもう一つの報告である。

 

木造アパートの一つにも買い付けを入れていたのだが、こちらの売り出し価格が決定した。

ワタシは、¥2600万ほどで買い付けを入れていたのだが、その金額より1割ほど高い金額での売り出しとなるらしい。

木造4部屋で ¥3000万弱というのは、いくら場所が良くてもお得ではない。

 

よってワタシはイチ抜けし、今回現れたRC物件の購入へ向けて注力していくこととなった。

 

良い条件で融資が組めればいいのだが、、、

この進捗は、また報告したい。。。

 

.





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です