日経平均2万円超えと小野薬品の株価低迷 

めずらしく株の話

 

今日は、一年ぶりに日経平均株価が2万円台を回復した。

株価が上がるという事については、悪い事ではないと思っている。

 

しかし残念だが今日の株価上昇は、私の持ってる小野薬品とJ-REATにとっては、まったく関係ない話しであった。

 

 

J-REATについては、インベスコオフィスリートの一部を利益確定したいところだが、いつも指値のもう一歩のところで売れない状態が続いている。

小野薬品は数単位持っていたが、既にかなり損切りしていて1単位だけ残しているが、残った1単位も含み損が4万円ほどあり、回復の兆しは見えていない。

 

なぜわたしが小野薬品を買ったのかというと、免疫を刺激してガン細胞の増殖を抑える、画期的なガン治療薬を世界に先駆けて開発したからだ

 

 

オプジーボという薬剤名だが、この手の薬剤はガンの種類を選ばず効果を発揮する可能性が高い。

皮膚がんに始まり、肺がん、腎がんと適用範囲が広がり、今後は胃がん・頭頚部がんと承認が続く予定である。

言い換えれば、オプジーボは世界で一番売れる薬になる可能性があるのだ。

なので目をつけていたが、一時は1単位50万円以上になっていて手出しができなかった。

その後ズルズル株価が下がって半分の価格になったので、思い切って購入していた。

その後は回復するだろうと期待していたのだが、2月にヤベシンゾーくんが強引に薬価を半分にしたせいで、下落に歯止めがかからない状態となった。

 

REATのように利回りがしっかりしていれば、下がれば下がった分ナンピンで買い増ししていけばいいのだが、株の世界はやはりムツカシイ。

世界情勢や国内の政治の動向、その他モロモロの事情によって、流れが極端に変わってくる。

なにが言いたいかというと、普通のサラリーマンに、価格変動が激しい金融商品はおススメできないということである。

 

もちろん、トレードを得意としていて、損切りの早い人もいるだろうし、株価の上がりだした銘柄をみつけて乗っかるのがうまい人もいるだろう。

だが、普通のサラリーマンには、株価の上がり下がりをチェックする時間もなければ、上がるか下がるか見分けるスキルを身につけることもほぼできないだろう。

いや、株価が上がるか下がるかなど、ダレにも絶対にわからないのだ。



では、どうしたら良いか?

『絶対に株で負けない方法』 という商品を買った人へ送られてきた箱に入っていたのは『絶対に株を買わないこと』 と書いた紙だった。 という話がある。

しかし株を買わないことには、勉強にならないしスキルも上がらない。

そこで私なりの必勝パターンを教えよう。

商社株やREATなど、利回りの高い銘柄を、ある程度値下りしたタイミングで少量買い、更に下がればナンピンして買い増しする。 

そして安定した配当を得ながら株価が上がるのをじっと待つのだ。

そして平均購入額から1割ほど上がったタイミングで少しづつ売り始め、更に上がれば少しづつ売り続けるし、下がるタイミングがあれば買い増しする。

これを繰り返すことによって、時間はかかるが負ける確率はかなり減るハズだ。

わたしもこの方法をメインの手法としていて、いままでの売却益は6年間で、¥603,301となっている。

ついつい余計な銘柄に手を出したときに決まって損失を出すので、浮気さえしなければ、今までの利益は ¥100万円は超えているハズだ。

 

もっと儲けたいという欲がでるときに人間は間違える。

自分のルールをしっかり作り、堅実に取り組んでいくことが大切だ。

 

これからこのブログもマンネリ防止のため、株についての記事も積極的に取り入れていこうと思う。

 








 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です