ハードウッドデッキ作成への道のり ① ~ ウッドデッキの作り直しを決意!  

サザンイエローパイン◎、ウエスタンレッドシダーはダメ!

 

不動産投資とはあんまり関係ない話しなんだけど、自宅にあるウッドデッキの作り直しを決意しました。

今回作り直すことにしたのは、、18年前にサザンイエローパイパイという特殊な木材で作ったウッドデッキ。

この木材はもともとそんなに耐久性が強いワケではないらしいけど、防腐剤を注入すると薬剤が均等に染み込んで長期間腐敗から守ってくれるらしい。

木製ジェットコースターの土台にも使われているくらいの耐久性だそうな。

うちのデッキも、よくまあ18年も頑張ってくれたもんだ。


グーペ

まだまだ使えなくもないんだけど、床板の一部腐って体重かけると凹みます。


グーペ

この腐った部分だけをやりかえるのも1つの方法なんだけど、もう18年も経ってるんで他の部分のイタみ具合も気になります。

あと、うちのワンワンを思いきりウッドデッキで遊ばせてやりたいとの気持ちもあり、思い切ってウッドデッキ全部のやり替えを決意しました。




ウエスタンレッドシダーは10年持たない?

 

ウッドデッキといえばウエスタンレッドシダーという木材が有名で大人気ですが、高温多湿な日本では言うほど長持ちしません。

うちではこのサザンイエローパイパイのウッドデッキ作成から数年後に、横にウエスタンレッドシダーでステップをつくりました。

ビックらしたことにこのステップ、10年も持たずに ( というか5~6年で ) 腐ってしまいました。

もちろん塗装はしてたうえでの結果です!


グーペ

自分の感覚だと、高い金払ってウエスタンレッドシダー買うくらいなら、SPFの防腐剤入りでもそんなに変わらないんじゃないか? というのが正直な感想。

レッドシダー派の人たちには申し訳ないけど、、、

 

ソフトウッドに限れば、サザンイエローパインの防腐剤注入材 が 間違いなく最強です。

ちなみに安いからといって防腐剤も入っていないSPFでウッドデッキをつくると、2~3年で腐ってくるので、絶対にやめましょう。

 




次のウッドデッキはハードウッドに決定!

 

次につくるウッドデッキですが、年齢制限もあるのでその次はもう作り直したくないと思ってマス。

20年以上持たせることを考えると、候補としては人工木かハードウッドしかなく、

業者に人工木デッキの見積もりを依頼すると、なんとビックリの¥20万オーバー!!

30年持つのもあるらしいが、20数万円は高すぎる、、、

自分で作ろうにも、人工木のキットデッキは土台の部分が金属製になってて、カットする道具もないし作る気がしない、、、

 

ということで少々難易度が上がるんだけど、ハードウッドでのDIY作成を決定しました。

これからしばらくは、ウッドデッキネタで引っ張ります!

 









返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です