5年前に買う予定だった物件が、1.5倍の価格で売り出されててショック!

久しぶりのブログ更新、 機会喪失についての話し

 

以前このブログに書いたこともある話だが、区分投資をスタートする前に、中古アパートに買い付けを入れたことがある。

ちょうど5年前の話しである。

当時は、リーマンショックが去ったあとの時期で、利回りは高くお手ごろ価格の物件が、豊富に売られていた時期だった。

逆にいうと、当時の不動産オーナーたちは、手持ちの物件の財産価値が下がっていく心配と闘っていた時期だったのだろう と思われる。



ロリポップ!

ワタシが買う予定だった物件は、福岡市のギリギリ博多区の中にあって、築10年で8部屋ある木造の中古アパートだった。

物件価格は¥3150万、団信保険は無しだったが、1.8%で20年の融資まで確保できていた。

今考えるとヒジョーに良い条件だった。

だが、いきなりの大家デビューで¥3000万を超える借金を背負ってしまうのは、当時のワタシにとっては荷が重く、土壇場でゴメンちゃいのキャンセルをしてしまった。

関係者の方々には本当にご迷惑をおかけした。

 

あの物件がどうなったのかは、その後も気になっていたのだが、今回、とあるサイトに売り出されていたのをタマタマ発見し、少しショックを受けている。

 

 

その額なんと ¥4500万!!

ワタシが5年前に買う予定だった金額の、1.5倍に近い金額である!!!

( しかも、現在満室経営ができているご様子 )

 

おそらくこの値段では売れないと思うが、仮に¥4200万あたりで売れたとしたら、¥1000万を超えるキャピタルゲインを得られることになる。

実際には購入時にかなりの諸費用や税金がかかるので、丸もうけになるワケではないが、5年間のインカムゲインと合わせたら、かなりの金額を利益確定できたハズである。

トータルのゲインを考えると、ちょっぴり切ない気持ちになってしまうが、こういう事を機会損失といい、後悔してもどーしようもないのである。

これからはこのような後悔をしなくていいように、しっかりした判断基準を持って物件選定をしていきたい と、あらためて感じた出来事であった。

 

そして次回こそは、今進めているRC物件の進捗を報告できれば と思っている。

 

.


    



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です