区分ワンルーム10部屋目の購入手続きの途中経過 ~ 融資難航中

何度も書いているが、ワタシは現在10部屋目の購入手続き中である。

何度も書いているということは、なかなか進展しない ということでもある。



今回の部屋は、410万円で買い付けを入れているのだが、申し込んでいたOX銀行では、融資額が小さいという理由で却下となってしまった。

 

今回始めて知ったのだが、OX銀行では、1部屋(1融資)で500万円以上が基準となるらしい。

( だったら早く言ってくれ 、とも思ったが、、)

 

「500万円の部屋なら金を貸すが、400万円の部屋なら金は貸さない」 ということだ。

だからといって、「400万円の部屋に対して、500万円貸してくれ」 というのも通用しない。

ちなみに人はこれを、オーバーローンと呼ぶ。

 

「500万円の価値がある物件を、400万円で買う」 場合でもダメだ。

逆に、「400万円の市場価値しかない物件だが、500万円で買わされる」 場合はOKなのだ。

 

市場価値はあまり考慮しないようだ。

難しい世の中である。

 

Zenlogic[ゼンロジック]



という事で、もうOX銀行の件はあきらめて、すでに次の手を打っている。

前回一棟物を検討したときの、チクチク銀行さんに申し込みをさせてもらった。

 

こちらは前回の鉄骨の分で、ワタシのシンペン調査は終わっており、審査は通してもらっているので今回の融資もおそらく大丈夫だろう、 ということだ。

新しく取り引きができる銀行として、末長いお付き合いをお願いしたいものだ。

 

このような経験から言えることだが、取引できる銀行は、多ければ多いほどよい。

このようなパターンだと、この銀行はダメだがこちらの銀行にお願いしよう というように、次の手が打てることになる。

 

銀行マンもサラリーマンなので、どうしてもノルマを稼ぎたいタイミングがあるらしい。

そのようなタイミングに当たった場合、ガゼン無理をしてくれることも考えられる。

 

自分の属性を上げる努力をするとともに、融資先の開拓も日頃から怠らずにやっておこう。

 

 

 



 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です