『不動産投資は地方に一棟買う事から始めなさい』を読んでみたった。

久しぶりの知識吸収

 

 

不動産投資は地方に一棟買うことからはじめなさい!!

新品価格
¥1,260から
(2018/1/8 22:16時点)

そろそろ1棟物へのシフトチェンジも考えているタイミングなので、ちょーどいいお題の本を買ってみた。

ワタシは今まで、不動産に関する本を、100冊以上は読んでいる。(と思う)

 

ここまでくると、これ以上の本を読んでもあまり吸収できる部分はない。(とも思っている)

どの本も似たり寄ったりで、新しい知識を得れる部分は少ないからだ。

20~30冊も読めば 、本から吸収できる情報はだいたいモウラできると思ってよい。

物件を持っていないのであれば、それ以上の本を読んでもムダである。

あなたがそのラインに立ってるのであれば、最初の一歩を踏み出すことの方が大切だ。

ヘテムル
 

話しを戻そう。

今回この本を買ってみたのには理由があった。

タイトルからもわかるように、本当に遠方の物件購入と遠隔管理が可能か? というところの検証をしたかったのだ。

もしそれが可能であれば、ムリに自分のターゲットエリアにこだわって高い物件を買う必要はない。

物件購入の候補が飛躍的に増えることになる、という利点がある。

 

ちなみに筆者は関東に住んでいるのだが、北海道の札幌に集中して物件を持っているらしい。

それでいて管理も収支もうまくいっているようだ。

詳しい内容については省略するが、ちゃんとした管理会社を選んでキチンとした協力体制がとれれば、遠隔管理は可能なのかもしれない。

あとは、選んだエリアが正しいかどうかと、物件自体の選定を失敗せずにできるのか?、ということになる。
ヘテムル
 

 

ひとまず今のワタシには、遠方の、特に一棟物はリスクが高いように思えて、実行しようとは思わなかった。

しかし、事業規模が大きくなった時の法人移行のところなど、非常に参考になる部分もあった。

個人から法人に物件を移す時に、法人側で再度不動産取得税が発生するようだ。

ワタシも現在10部屋目を手続き中であり、購入すれば事業規模のラインには立てることになる。

今後は、法人化の知識も得つつ、自分の進むべき道を考えていこうと思う。

 



 



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です