10万円の繰り上げ返済をした結果 ~ 得が小すぎてワロタ

10万円の繰り上げ返済実験をやってみた。

 

今週は、インベスコオフィスリートと小野薬品の自社株買いのニュースが重なり、両銘柄ともに株価が上昇した。

このためブログはその話題が中心となってしまったが、不動産オーナーとしての記事も、週の締めくくりとして書いておきたい。
実は、私のお部屋コレクションの中で、一部屋だけ3%台で借りている物件があったため、その繰り上げ返済を実施したのだ。

 

まず、その融資の内容は以下の通り

・ 金利  = 約3.28%
・ 融資期間 = 35年 (420回)
・ 融資金額 = ¥4,800,000
・ 返済総額 = ¥8,076,000
・ 月の支払 = ¥19,200

そのうち、約¥140,000 を、7ヶ月で返済していた。

 

ということで、繰り上げ返済時の総支払額の残金は約¥7,936,000 となる。

そして今回、わたしはここから¥100,000 の元金返済を実施した。

この時点での残りの元金額 = 約¥4,656,000

(ちなみにその繰り上げ返済にかかった手数料は、約¥2,500)

.

さて、これからは返済後の金額。

・残りの返済期間はそのまま (残り413回)
・もちろん金利もそのまま = 3,28%
・ 月々の返済額 = 約¥18,800
・ 支払総額の残 = 約¥7,769,000

 

これにより、次の項目にだけ、変化が現れる。

・ 月々の返済額 △¥400 (¥19,200-¥18,800)
・ 支払総額の残 △¥167,000 (¥7,936,000-¥7,769,000)


金額500万弱、期間35年のローンに対して、10万円の繰り上げ返済を、融資開始の1年以内に実施した場合の結果。

「 月々400円の減額と、総支払い額で¥67,000の得をした 」 

月にたった400円と、35年で¥67,000

 

今回は、実験のつもりで10万円だけの繰り上げ返済を行ったが、あまり意味のない返済だったと言わざるをえない。

それよりも、最初から安い金利で借りる方が良い。

 




レイコップ

今回の教訓。

 

① 安い金利で借りれる場合(例えば2%以下)は、できるだけフルローンに近いかたちで、長期間借りる。

② 高い金利の場合(3%以上)の場合は、20年とか短めにローンを組み、できるだけ頭金を入れる。

③ 基本繰り上げ返済はしない (それでも、どうしても繰り上げ返済をしたい場合は、利息負担を減らすために、早めの繰り上げ返済を行う)

というのが、正解に近い形ではないだろうか?

 

それがわかっただけでも、今回の繰り上げ返済の意味はあったのではないか、、、

いかなる結果であろうと、人生においてムダな経験はない というのが、ワタシの考え方である。


 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です