サラリーマンのためのマネー講座  基礎編

お金について学ぼう

 

今日からは、お金に対する考え方について 話をしたい。

お金に対する考え方を根本的にかえないと、一生お金の奴隷から抜け出せない。


お金を稼ぐにはどうしたらよいか?

おそらくあなたは、「今以上のお金を得るには、そのぶん自分が頑張って働くしかない!」 と思っている。

そして汗水たらして頑張って働いた結果、すこし給料が上がったとしても生活が楽になったという実感がほとんどない。

おそらくそれが現実だ。

なぜだろう?


おそらく今のあなたには、お金についての知識が圧倒的に不足している と思われる。

だから、投資や不労所得、税金などについて何も知識がない。

あなただけじゃなく、以前のわたしも含めて、多くのサラリーマンがそうなのだ。

ハズカシイことではない。

ほとんどのサラリーマンは、自分の会社・仕事以外のことについてまったくの無知である。

ではどうしたらよいだろう?

まずあなたがすべきことは、お金について学ぶことだ。

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

新品価格
¥1,419から
(2017/5/14 13:18時点)

1.お金について学ぶ

「金持ちになりたければ、お金について勉強しなければならない」

『金持ち父さん・貧乏倒産』 を書いた、ロバートキヨサクの言葉である。

 

まずはお金にについて学び、そしてお金についての考え方を変える。

「ムダな出費をするくらいなら、そのお金を投資に回したい」 と、思えるようになれば入学試験は合格だ。

投資資金のためにムダ遣いを無くすことによって、お金を管理できるスキルが芽生え、投資を続けていくと、そのスキルが上がるハズだ。

というわたしも、平日の昼食代と夕食時のビール2本をどうしても節約できない。 まだまだミジュクモノ である。

次回からはもう少し具体的な内容に入りたいが、その前に入門編としておススメの本を紹介する。

是非読んでもらいたい。

↓  『年収1000万の貧乏人・年収300万のお金持ち』 伊藤邦生氏

 

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち

新品価格
¥1,512から
(2017/5/9 23:25時点)

 

どれだけ給料がよくても、お金を管理できない人間にはお金が残らない。

逆に年収300万でもしっかりとお金を管理できる人間であれば、資産を築いていくことができる。

という内容だ。  その具体的な方法も充実して書かれている。

 

あなたが年収300万円かどうかはわからないが、普通の人が資産をつくるには、投資や不労所得について学び、レバレッジや複利の力を利用する必要がある。

次回からは、資産や不労所得、複利について学んでいきたい。

 

 



 
                                            



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です