買い付けを入れた鉄骨アパートは買えず。 そして新たに区分の買い付けを入れてみた

今月に入って、とあるターミナル駅にほど近い鉄骨アパートに買い付けを入れていた。

その物件は築17~8年経っていたが、価格も手ごろで¥5500万ほど。

 

場所が、新幹線も停まるターミナル駅近くという土地の価値が高い物件のため、 融資を長く引くことができれば買うつもりだった。

 

鉄骨造の物件の耐用年数は、重量鉄骨であれば34年、軽量鉄骨だと19年。

 

ミジュク者の私は今回はじめて知ったのだが、その中間みたいな鉄骨サイズがあり、27年?というのがあるらしい。

この物件はこれに該当するようだ。



 

ちなみに、木造アパートの耐用年数は22年、RC造(テッチンコンクリート) は47年だ。

通常、銀行の融資は、この耐用年数の残り期間を基準として行われる。

(若干はプラスできることが多いが、、)

 

そして築17年も経過した鉄骨造の物件では融資期間が十数年しかとれず、月々の返済額が大きくなってしまうおそれがあった。

今回、私が希望していた年数でローンを組めれば、毎月7~8万のキャッシュフローがでる計算だった。

 

そして今日、チクチク銀行さんから返事があり、その結果は △ だった。

融資は満額可能ということだったが、希望するほどの期間延長はムリ、とのことだ。

それでも現状の家賃・満室経営で計算してみると、毎月わずかながらキャッシュフローはでる計算になる。  うーん悩む。

しかし、空室がでたり、満室でも今後家賃が下がってくると、手出しが発生する。

そして大規模修理が発生しようものなら、、、考えただけでも恐ろしい。

残念だが今回は諦めることにして、次のターゲットを探すことにした。

変わり身の早さも私の魅力のひとつだ。

 



ライトプラン 詳細はこちら

 

わたしは、毎日欠かさずインターネットを見て、物件を探している。

そして気に入った物件があると、なじみの不動産屋に購入を依頼するのだが、今回はその会社のナッツ部長様がサイトに出る前の物件を紹介してくれた。

 

物件は、タイヘン人気のヘンクレストだった。

築年数は上記の鉄骨アパートとほぼ同じなのだが、RCなので融資期間もたっぷり。

 

通常私が購入する価格よりも若干高いのが残念だが、他のモロモロ条件が良いため指値を入れつつ、買い付けを入れてみることにした。

融資先についても、新たにOX銀行さんを紹介してもらうことになった。

 

そしてOX銀行の枠だと、あと数部屋分の購入枠は確保できるそうだ。

あとは融資がどうなるかだが、、、

結果は連休明けにでるだろう。

また報告したい。

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です