家賃の送金ミスがあったため管理会社変更を通告 → 管理料の値下げに成功

不動産業界の不思議

 

不動産の世界では、通常はあまり考えられないようなことがよく起こる

今回の事件は、管理会社のミスによる、家賃の未払いだ。

 

9月に買った10部屋目の家賃がなかなか入らない状況が続いていた。

10月25日の入金日に振り込みがなかったため、11月の25日には間違いなく入金されるだろうと思っていたが、結局入ってこなかった。

この原因の確認を、物件を購入した窓口であるE社にお願いしたところ、

管理会社であるA社の手違いで、いまだに旧オーナーの口座に入金していたことが判明した。

 

A社には、10部屋のうち3部屋の管理を任せている。

これには仏のオーナーを自負するワタシも、めずらしくブチ切れてしまった。

すぐに、3部屋分全ての管理をやめてもらう意向を伝えた。

 

さっそく責任者の方がお詫びの電話をしてきて、今後の改善策を伝えてきたが、それだけで納得できる話しではない。

なぜなら、銀行への支払いが引き落とされない事態が発生すると、ブラックリスト的なやつに載せられて、今後の融資に影響がでるからだ。

そのため通常は、その物件の融資先の銀行口座へ家賃が振り込まれて、翌日か翌々日に支払い分の引き落としが行われるパターンがとられる。

オーナーの入金漏れがないようにである。

 




ロリポップ!

 

仏のオーナーであるワタシは、この件を丸く納める条件をいくつか提案した。

① 責任者であるアナタが、今後ワタシの担当窓口をしてくれること。

( その会社の中では珍しく、しっかりした人である印象を受けたため )

② 3部屋分の管理料の値引き 5% → 3%へ

③ 振り込み手数料を、御社持ちにしてもらうこと

という、とてもハードルの低い、相手にやさしい条件を提示した。

 

 

 

ここからは、先方の返答である。

 

① 3つの物件のエリアごとに、担当する支店が違うことは了承してほしいが、総合的な窓口としては自分で構わない。

② 2部屋は4%で了承してほしい。

③ 振り込み手数料は会社持ちにはできない。 そのため3部屋のうち1部屋は3%にする。

④ ( 追加条件 ) これから購入する物件にも、4%で対応する。

以上のような条件を提示していただいた。

 

この会社は管理戸数も多いので、今後も売り出しの物件が多くでてくるだろう。

このあたりで手を打っておくのが得策だ。

お得な物件があれば、表に出す前に相談してほしい との依頼もしておいた。

 

ワタシの知性と温和な人間性のおかげで丸く収まり、災い転じて福となる結果となった。

 

.



 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です