中古区分(ワンルーム)ばかりを買ってきた5つの理由

中古区分(ワンルーム)ばかりを購入してきたことについて

 

この4年間で8部屋のワンルームマンションを購入した。

なぜ区分ばかり買ってきたのか? と思われるかもしれないが、それにはそれなりの理由がいくつかある。

今日はその理由を公開したい。

 

① 一番大きな理由は、単純に 安く購入できるから

② 価格が安いために、都心部の一等地にも部屋を購入できるというのが2つ目の理由。  このため都心部に集中して複数の部屋を持つもこと可能になる。

③ 価格が安いために、出口戦略が取りやすいというのが3つ目の理由。

④ 管理のシステムがあるので、手間がかからない。 (その分経費がかかるけど)

⑤ そして最後、最近は物件価格が高くなりすぎてしまい1棟アパートではお宝物件がなくなってしまったから。

 

サラリーマンが融資を受けて物件を買い増していく場合、通常は土地付き1棟アパートを選択することが多い。

サラリーマンの属性+担保価値のある土地付きのアパートの場合は、融資がつきやすいからだ。

そして融資がつきやすいということは買い手が多いという事で、取引価格が上がっていく。

 

私も、最初に買い付けを入れた物件は、3150万円、築10年・8部屋の木造アパートだった。

この物件は融資も通って契約寸前までいったのだが、 小心者の私は余計なところで慎重になりすぎてしまい、結局キャンセルとなってしまった。

物件価格が上がった今では、あの時買っとけば、、、という後悔もあるが、 自分の物件選定の基準を磨くためには良い結論であった と理解している。




 

これから大家さんを目指す人に伝えたいこと。

 

普通のサラリーマンが自由に使える金額は限られる。

なので最初の物件での大きな失敗は致命傷となる場合がある。

ゆえに、最初は小さな一歩から歩んでもらいたい

 

今後も不動産投資ブームは続き、サラリーマン大家は増えていくだろう。

 

今では、区分マンションに融資してくれる銀行も増えてきた。

5000万円近くするアパートと500万で買える区分マンション、果たしてどちらが買いやすい ( 売りやすい ) だろうか?

また、自分が住むのであれば木造アパートの1階  (良くて2階 )と、快適なRCマンションの1部屋 どっちを選ぶだろう?

私は木造アパートの需要をあまり信用していない。

今後は空室が増えてくると思っている。

出口戦略が取りやすいかどうか、というのもサラリーマン大家が頭に入れておく重要なポイントである。

 

その時の状況に応じて1部屋ずつ売却できる中古区分を複数戸持つことは、
サラリーマン大家にとってはとても良い投資戦略だと思っている。

繰上げ返済するにしても、一番条件の悪いローンから潰すことも可能だ。

 




 

区分投資のデメリットは?

 

だが区分投資には大きな弱点もある。

担保価値がないため、ある程度の借入額で融資がストップしてしまう。

私もメインバンクの二行からは、『 保証会社の上限が近づいているので、しばらくおとなしくしてください 』 と言われている。

もちろん裏技はあるが、それはいつか話そうと思っている。

 

そして、私もそろそろ別のやり方に移るタイミングだと考えている。

現在鉄骨造9部屋の物件に買い付けを入れているところだ。

さて 融資がどうなるか、、

この件の進展についてはまた報告しよう。

 





 



1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です