日産の株価低迷で20万の含み損 ~ それでも日産の復活を信じる5つの理由と猫組長の予言

日産の株価低迷

このところ日産の株価低迷が続いている。

低迷の発端はもちろん、ゴーンちゃんの逮捕が始まり。

その後の減益や減配の悪材料連発で、最初の購入価 = ¥1050 あたりから、¥750 くらいまで、 まっしぐらで下降中、、

 

ナンピンの連続で日産株の枚数だけが増えたけど、結果として平均取得価格は ¥900 位まで下げることができました。

そして今日現在、手持ちの1200 株 に対して、約17万円の含み損を抱えています。

これは、ローリスクな投資を自称するワタシにとって過去最大級の含み損。

それでも今回は損切りをせずにナンピンして枚数を増やした、、、

それにはいくつかの理由があるんです。



① EV技術の完成度

今のところ、日産のEV技術は世界一に近い。

2018年の世界販売台数では、テスラのモデル3に大きく差をつけられたものの、実力的には負けていない。

これはデザインの差によるところが大きいと考えてます。

初期モデルよりはずいぶんカッコよくなったものの、テスラのポルシェ的なラインナップと比べると、やっぱり普通。

実用性、価格と走行距離 = コスパでは負けていないでしょう。

ちなみに欧州での売れ行きではNo1 のようです。

今後トヨタもEVに力を入れていくことを発表していますが、すぐには追いつけないでしょう。

 

② e-power やGT-Rの速さに代表される技術の高さ

2018年 日本で一番売れた車はノートらしいです。

それも e-power が発売されてからの追い上げ。

e-power というのは、電気とガソリンのハイブリッド車とは若干違います。

あくまでガソリンは発電機専用。

ガソリンを燃やして発電した電気をモーターに送り、モーターの動力だけで車を動かす仕組みの、ほぼEV車。

要は充電が要らないEV。

これはこれでオモシロそうです。

そして、GT-R は 約¥1000万ほどで買えるのにもかかわらず、数千万~億もするムダに高い世界のスーパーカーたちと比べても、全然負けない速さを誇っています。

ゼロヨンだとやや不利だったとしても、サーキットを走れば負けないようです。

カッコいいかどうかはそれぞれの主観によるとして ( 正直自分の好みではない、、 )  速さとパフォーマンスに関しては間違いなく世界一の車です。

こんな車達を作れる会社ってすごくないか、、? と思うんです!!

 

③ 日産の内部留保とPBRの低さ

これは PBR = 0.55倍 という指標に現れています。

簡単に言うと、1株あたりの純資産の額が株価の約2倍だということ。

イチガイには言えないらしいけど、ズイブンお買い得になってるのは事実です。

ちなみに日産の内部留保 (余剰資金)は2兆円近くあるそうです。

 

④ 1株当たり = ¥40 に減配したとは言え、まだまだ高配当

一流企業で利回り5%の株はそう多くはない。

長期投資をするなら高配当に限ります。

 



⑤ 猫組長の予言と戦略

あなたは猫組組長をご存知だろうか?

その名の通り、以前はボウ反社会勢力で組長をしていた方で、現在は投資の利益で高いメシを食っているらしい。

猫組長は、5月頭の時点 ( 当時日産の株価は¥850程 ) で、約2億円の含み損を抱えていたらしい。

まさにケタ違いのスケール

気になる人はこの記事を読んでみてくれタマエ。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64451

この記事が真実だとすると、現在の¥750くらいの株価に換算すると、9億円くらいの含み損に達していると推測できる!

まさに男の中の男!

これほどのプロ中のプロが信じているということは、かなり期待できるのではないでしょうか、、、

 

あくまで投資は自己判断で!!

 




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です