ピンチをチャンスに変える( かもしれない )5つの考え方

新年早々マジメな方向で。

 

 ピンチをチャンスに変える 、、、』

ビジネスの世界ではよく使われる言葉だ。

そしてこれが、イカにも正論としてまかり通っていることに、ワタシは少し違和感を感じてしまう。

 

[オーディオブックCD] ピンチに慌てず、チャンスを創る82のゴールデンルール () ()

新品価格
¥2,376から
(2018/1/1 15:19時点)

 

ワタシにとって、この件に対する考え方はこう。

至って簡単。

「 そんな方法はない! 」

 

まず、そんなことができるなら、そもそもピンチにならない。

なのでもし、今のあなたがピンチの状況なら、それはやはりピンチでしかない。

チャンスに変える方法は、ほとんどないと思った方がよい。

 

新任3年目までに知っておきたい ピンチがチャンスになる「切り返し」の技術 (学級経営サポートBOOKS)

新品価格
¥1,944から
(2018/1/1 15:08時点)

Z.com

 

だが、今のピンチをなんとか乗り切る方法 であれば、長年サラリーマンをやってきた人間として、少しはアドバイスできると思う。

なんとかピンチを乗り切る方法を、いくつか紹介する。

参考になれば幸いだ。

 

① まずは、このピンチをチャンスに変える方法などない、ということを理解する。

② 最悪の事態の中でも もっとも最悪のケース を想定し、そこまで至らなければ合格 と考えて行動する。 ( 結果として、ほとんどの場合 合格となる )

③ 最悪の事態の中でもっとも最悪のケースに陥ったとしても、命まで取られることはない と割り切る。  →

プレッシャーは、他人 ( 上司や取引先 ) から与えられるモノ、もしくは自分で過度に感じてしまっているダケだということを理解する。

④ 上記 のような考え方ができるように、日頃から他の収入源を作る準備をしておく。 →

( あなたが経済的に会社に頼らないで済む状況であれば、そもそもピンチだとは思わないハズ )

⑤ 今はピンチだが、 「 あの経験が自分の人生にとってプラスになった 」 と、いつかのラッキーに変わることを信じる。 ( 実際にそういうことは多い  )

 



Z.com

サラリーマンの辛いところは、日頃どんなに頑張って対応していても、何かしらのピンチに陥ってしまうことだろう。

中間管理職であれば、部下の起こしたトラブルまで解決しなければならないから なおさらツラい。

1~2年に一度はくらいは、大きなトラブルに見舞われるとして、中にはあなたの力では解決できない状況も発生するだろう。

 

そんなとき、ワタシの書いた7つの考え方ができるかどうかで、気持ちの持ちようが変わってくるのではないだろうか?

このブログを読んだアナタが、今のピンチを何とか乗り切ってくれることを願っている。

( というワタシも、なかなかプレッシャーに勝てないんだけどね~、、、、)

 



 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です