「 仕事辞めたい 」・「 会社辞めたい 」の検索数がスゴすぎてワロタ ~

人生に悩んでいるサラリーマンがイカに多いことか、、、

何を隠そう、ワタシもその一人である。

 

特に最近、会社側とワタシの間で、ますます違和感が大きくなってきているという実感がある。

会社から求められる仕事のレベルと、自分の力で解決できることとのズレが、年々大きくなっているためだ。

このままいけば、精神的に追い込まれ、心を病むことは間違いない。

 

うちの鬼嫁でさえ、最近のワタシの衰弱状態を見て、退職・転職に対する理解を示してきたくらいである。

だが、不動産を融資リミットいっぱいまで買いまくるまでは、何とか踏ん張って続けていきたい。

 

( そのために、しばらくはこのサプリを飲んで、様子を見てみようと思っている。)




 

そんな中、イロイロと退職に関する記事を見ていたら、とある記事が目に止まった。

「 仕事辞めたい 」 と検索した人の数 = 160万人/年間

「 会社辞めたい 」 と検索した人の数 = 60万人/年間

という退職予備軍の数である!

 

同じ人が何回も検索しているかもしれないし、両方のキーワードを検索していることも十分予想される。

が、サラリーマンの多くが、今の現状から抜け出したいと思っているのだろう。

そういえばうちの会社も、退職者が後を絶たない状況だ。




wpX

ワタシは以前にこのブログで、転職はススメないとの記事を書いたことがある。

 

転職する前にタップリ不動産を買った方がよいのと、転職した会社も同じようなものである可能性が高いと思うからだ。

( もっとひどい可能性もあるしね、、、)

 

なので、転職するのではなく自分の実力に自信がある人なら独立開業した方が良いと思うし、サラリーマン志向が強い人であれば、今の会社で辛抱しつつ、どこに行っても苦労しないだけの不動産を購入するのがベストな方法だと今でも思っている。

 

ただ、アナタが ( ワタシも )、今の辛い状況に耐えれるかどうかは別の問題である。

もし、アナタが ( ワタシも ) 、これ以上今の現状に耐えれないのであれば、不動産を買うことはひとまず置いといて、早めにリタイヤすることを考えた方がよいかも知れない。

 

アナタのこころが病んでしまってはダメなのだ。

最悪の事態に陥ることだけは避けなければならない。

こころの叫びに耳を傾けることも、とても重要なことである。

 

.



不動産業界の転職ならいえらぶキャリア。

IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です