中古アパート購入への道 ② ~ 11部屋目の購入に備えてREATを売却

中古アパート購入への道 ②

 

先週は、中古アパートの物件候補を、2つにしぼった事を書いた。

ただ、どちらの物件ともに、なかなか進展がない状態が続いている。

 

 

どちらの物件のブツモト業者にも、ワタシの借入状況と、手持ちの物件の一覧やその家賃収入などの一覧を渡していて、今のところ 「待ち」 の状態となっていた。

このタイミングで、こちらからできることは、あまりないのである。

 

ひとまず購入資金の準備でも始めようかと考えていたところ、

タイミングよく、手持ちのJ-REATがほどよく値上がりしたため、スターアジア投資法人の2単位を利益確定し、証券口座内の現金比率を増やした。

そして、毎月のキャッシュフローの中から¥10万ほどをヌキヌキして、楽天証券 ( 楽天銀行 ) の口座に移し、合わせて¥160万ほどの資金を用意している。

 

今後順調に話が進めば、別の隠し口座に置いてある購入資金も合体させて、いつでも¥300万以上は振り込める状態にしておく予定だ。

 

.

今回身に染みたこととしては、アパート購入にはワンルーム購入時の数倍~10倍ほどの軍資金が必要となるということだ。

手持ちの現金がなくなるのは、ヒジョーに痛いところではあるが、次のステップに移るためには必要な出費だと理解している。

これが¥7000万~8000万もするような物件だと、軍資金は¥1000万くらい必要になる。

やはり初心者は、小さい額の物件からスタートする方が良いだろう。

 

フルローンを出してくれるからと、オルガ銀行などの金利4%もするようなローンは、間違っても組まないことだ。

このくらいの金利で長期のローンを組むと、しばらくは利子の支払いばかりとなり、なかなか元金が減らない状態が続くことになる。

 

建物は必ず劣化するので、売る時に残債以上で売れる可能性は少ないだろう。

このあたりが、不動産投資の落とし穴なのよね~

 







返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です