今日もまた、とあるアパートメーカーの新築見学会に参加したった

今日は、とあるアパートメーカーの完成見学会に参加してきた。

九州では老舗のアパートメーカーである。

 

ちなみに、このメーカーの内覧をするのは4~5回目くらいになるが、

いまのところ購入には至っていない。

 

理由は、このメーカーに限らず、新築はやはり価格がお手頃ではないからだ。

 

ちなみに、今回の新築物件は2つ並んで建っており、

6部屋の方は、¥5500万程

4部屋の方が、¥4000万弱

となっている。


 

今回内覧したのは、2Kタイプの部屋となっている。

広さは24平米という普通 ( やや広め ) の広さなので、少し広めの1Kでもよいものを、ワザワザ2Kに作っている印象がある。

 

その狙いは、寝室を見せないようにできることらしく、特に女性には人気の作りになっているらしい。

男の中の男を自負する中年のワタシには、そのようなデリケートな感覚は理解できないが、扉を閉めなければ少し広めの1Kとしても使用できる。

まあ、これはこれで良いとしよう。

 

そして最近のアパートの良いところだが、

( フロ・トイレ別、洗濯機置き場は当たり前だが )、 独立洗面台が充実している。

うちの家についているモノより、グレードが高い。

 

 

そしてもう一つ。

グレードの高い、フタクチコンロのシステムキッチンも良い。

これも、うちにあるモノよりグレードが高いのではないか?

 

これは、どの新築アパートを見てもかなり充実しており、(限られた広さを圧迫しているのは否めないが )、やはり女性をターゲットとしているのだろうと思われる。

上下階の音に関しても、床と天井の間に防音ゴムシートを挿入していたりで、ズイブン改良されているという。

 



今回の部屋は24平米ということだったが、最近の新築アパートは1部屋=30平米超のなんちゃって1LDKタイプのモノが多いと感じている。

そしてこの広さを区分マンションで満たそうとすると、管理費・修理積み立てが¥13000 くらいになる場合が多い。

¥13000 x 6部屋 = ¥78,000

広めの区分を6部屋持つと、管理費・修理積み立てだけで 、月に¥80,000 近くかかってしまう。

 

そこで、区分マンションは普通の広さで多めに集めて、アパートは広めの1LDKタイプを選択して他との差別化を図る というのも、一つの投資戦略ではないかと思われる。

ただし、中期的に見て収支が合うかどうかと、売りたい時期に残債以上で売れるかどうかは、慎重に判断してから購入してもらいたい。

 

.

ベルテックスの不動産投資セミナー


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です