もうすぐ買い時がやってくる? ~ 売り物件や値引き物件が増えてきたことについての私見

もうすぐ買い時がやってくる ( カモ?)



最近、状態の良い中古アパートの売り物件が増えてきた印象がある。

そしてもう一つは、今の売り出し価格から( 売れないので ) 値下げする物件も増えてきている。

このような状況になると、物件ホチイホチイ病にかかってしまいそうだが、よくよく考えると二つの真実が見えてくるのである。

 

一つ目は、これだけ築浅物件が多く出回っているということは、ここ数年~10年ほどでかなりのアパートが建築されたのだろう ということ。

当然、アパートメーカーはそれだけ儲かっただろうし、アパートオーナーとしては、それだけ急激にライバルが増えたことになる。

 

二つ目は、築後2~3年のモノも多いことから、オーナー側としては今のうちに利益確定しようとしている状況 が感じられる。

 

ただ、新築アパート業者の話しを聞く限りでは、新築で建てるよりは若干安いことも間違いなく、このまま築浅のアパートを買うのもひとつの方法であるようにも感じてしまう。

しかし、新築よりはズイブン安いとしても、まだまだ割高であることは間違いないのである。




Zenlogic

これらの物件を購入した場合、築浅ゆえに長いローンを組めるとして、しばらくはキャッシュフローがでることが予想される。

( 逆に言うと、キャッシュフローがでるように長いローンを組む )

 

しかし、家賃は経年劣化により当然安くなってくるので、いつかはキャッシュフローが出なくなり、逆に手出しが必要になる時期がくるかもしれない。

長いローンを組んだ場合は元金がなかなか減らないので、その時に売ろうとしても、残債より高く売れるかどうかがハッキリ見えないのである。




Zenlogic

ここでの正解としては、売り物件が増えたからといってすぐ飛びついて買うのではなく、

「 しばらく様子を見た上で、ここぞというタイミングで思い切った指値を入れてみる 」 というところじゃないかと思われる。

 

実際に最近は、『 価格を見直したから購入を再検討してくれないか? 』 という不動産屋からの電話がヒジョーに多いのだ。

物件を購入しようと考えている人は、自分にとっての買い時を見極め、その時がきたらチャンスを逃さないように準備を進めておこう。

すでにワタシは、いくつかの候補を選定している。

買えるかどうかはわからないが。

 

 








返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です