サラリーマン投資家の種銭の作り方 イロイロ


10部屋目の進展がないので、種銭の作り方を紹介

 

以前、いくつかの種銭の作り方を書いたことがある。

 

サラリーマンのためのマネー講座 実践編  ~ 種銭の20万を手軽に稼ぐ方法

http://wasuhiro.tokyo/2017/06/04/%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%83%bc%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%80%80%e5%ae%9f%e8%b7%b5%e7%b7%a8%e3%80%80%ef%bd%9e%e3%80%80/

サラリーマンのためのマネー講座 実践編② ~ 種銭の20万を手軽に稼ぐ方法

http://wasuhiro.tokyo/2017/06/05/%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%83%bc%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%80%80%e5%ae%9f%e8%b7%b5%e7%b7%a8%e2%91%a1-%ef%bd%9e-%e6%89%8b/

サラリーマンの読者諸君には、是非参考にしてもらいたい。

ただしこれらは一時的なものなので、継続して増やして行くには向いていない。

 

今回はそれに追加して、誰にでもできる簡単な貯金方法を紹介しよう。

方法はいたって簡単なものばかり。




① 給料から積み立てをする。

 

これは基本中の基本。

いろんなマネー本にも書いてあるが、極めて効果的な方法だ。

ワタシもいつか1部屋を現金購入するために、月にウン万円を引き落としている。

5年もあれば、安い中古区分の1部屋分はこれだけで捻出できる。

最初は1万からでもいいので是非始めてほしい。

年々引き落とし額が増えてくるようになれば、確実にマネースキルも上がってくるだろう。

 

② その日に残った小銭をすべて貯金する。


グーペ

中途半端な小銭貯金ではダメだ。

「ちょっとづつ」 などと くだらない小銭貯金をすれば、なかなか貯まらないためにモチベーションが上がらない。

ワタシは一日で使うお金のうち、小銭は基本的に使わない。

支払いはお札を使用して、おつりで戻ってきた小銭はすべて貯金に回すようにしている。

上の写真は、現在の貯金箱の実際の映像だ。

 

経験上わかるのだが、上の写真の分量で、だいたい¥45,000 ~ ¥50,000 が詰まっている。

左側の3本目が満タンになれば¥60,000 は超えるだろう。

これを、年に2~3回でもまとめて入金すれば、けっこうな金額となるのである。



 

③ オークションで不用品を売る

これについては今度詳しく書いてみようと思うので今回は簡単に書くが、家にある以外なモノが高い値段で売れたりする。

スポーツ用品や、子供の使っていたゲームやおもちゃ(特に男児用)は捨てずにとっておこう。

 

④ ブログを作ってセルフバックをする。

ワタシもこのブログのセルフバックで¥13,000のクレジットカード作成報酬を得たことがある。

今後はこのワクをうまく使ってガッポリ稼いでいく予定だ。

 

 

⑤ 貯めたお金で利回りの高いREATを購入する。

ワタシの場合は、小銭貯金やオークションで稼いだ小銭を楽天証券の口座に移して、株やREATの購入資金にしている。

現在口座には、REAT と現金を合わせて、200万円弱が入っている。

そして狙っているREATの銘柄が値下がりしすれば追加購入し、7月末と8月末の配当権利をもらう予定だ。

予想以上に値上がりすれば、少しづつ利益確定で売りを開始する。

 

このように、イロイロな方法で小銭を増やし、

高配当銘柄を値下がりしたところで買って

→ 更に下がれば買い増しして配当を増やす、

→ 上がれば少しづつ利益を確定して次の買い時を待つ。

という流れを繰り返すのが、

一番確実に資金を増やせるパターンである。

 

そしてこの流れで増やした現金を頭金にして、

優良な不動産の購入につなげていこう。

 







返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です