やはりスターアジアが続伸

スターアジア投資法人が続伸

 

やはり今日は、スターアジア投資法人が続伸した。

8%弱の高利回りで、おまけに今月は権利月なので、普通に考えれば下がりようはないのである。

 

今日の終値は、1.77%の値上がりで ¥109,400となり、

利回りは7.66%まで低下し、NAV倍率はついに1を超えた。

 


 


ワタシはこの銘柄を、NISA枠で3株と特定口座で1株残していたが、そろそろ利益が乗ってきたので利益確定の方向で考えていた。

(ちょっぴりワガママなワタシは、配当もホシイが利益も確定したいのである)

まず¥110,000の手前で特定の1株を利益確定すべく、¥109,800で指値を入れていたが刺さらなかった。

ちなみに今日の最高値は、¥109,700であった。

 

スターアジアが上がることは、少し前からブログで予言していたのだが、いかんせん読者がほとんどいないので、恩恵を受けた人はいないだろう。



さて、これからの値動きであるが、2~3日は、¥110,000を挟んだ攻防となるだろう。

ここで¥110,100を突破できれば、¥115,000を目指した展開となるだろうし、¥110,000を突破できなければ、インベスコオフィスリートのように、¥105,000に向けてズルズルと下がっていく可能性もある。

 

ワタシは、¥110,000を超えたところで特定口座の残った1株を売り、あとは¥113,000あたりでNISA枠の1株、¥114,800あたりでNISAの2株目を、 と言った具合で売り抜ける予定である。

そして、ないとは思うが、権利前に¥105,000まで下がることがあれば、ゼッコーの買い場到来ととらえて、買い増ししていく予定だ。

この予言が、当たるかどうかはわからないが、まずまずの結果はだすのではないかと思っている。

 

 


また、REATを少しづつ買ったり売ったりする経験は、現物不動産の取り引きにも (特に区分投資には) 通ずるものがあるように思う。

 

良い銘柄 (物件) を、できるだけ安く買い、更に下がれば買い増しして、インカムゲインである配当 (家賃)を増やしていくのである。

 

そして値上がりした場合には、売却して利益を確定するのか、もうしばらくインカムゲインをもらい続けるかの選択をしなければならない。

やってみるかどうかは、あなた次第である。

 

もし負けて損失をだしたとしても、REATの損失程度であれば、良い経験を買ったと思って納得すればいいのではないだろうか。

 






返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です