自社株買いした小野薬品、ナンピン買いとその後の続伸について

小野薬品の自社株買いについてのその後

 

 

昨日 自社株買いを始めた小野薬品が、本日も引き続きの続伸となった。

おそらく、小野薬品がある程度の数量購入したのだろうと思われる。

朝から買いが優勢の展開だったが、終値ベースでは3.7%の値上がりとなり、一株2422円で終了した。



Zenlogic

わたしは、昨日書いた選択枝のうち、①の株価が安いうちにナンピン買いして平均取得額を下げ、値上がりを待って早めの利益確定をする。

という作戦を選択した。

 

朝一の成り行き買いをすれば更に安く買えたのだが、買い気配の勢いの少なさから低めの指値を決めてしまい、朝一に購入することはできなかった。

 

とはいえ、午前中のある程度安いうちに1単位購入することができ、その後値上げとなったため、含み損としては、サラリーマンの小遣い程度の含み損になるまで回復した格好となった。

まずまずのデキバエだ。


これからどのくらい上がるのかが、非常に楽しみな展開になってきたが、今まで何度も裏切られてきたので、期待し過ぎはキンモツだ。

しかし、今回の上げについては、500億円分の自社株買いのウラづけがある。

もう一単位買い増しをするかどうかが悩みどころだが、しばらくは様子を見ることとしよう。

あなたも、小野薬品、今のうちにいかが?

 







返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です