J-REIT市場の値下がりについて思うこと

J-REATの値下がりについて、、

 

このところ、まずまずの日経平均とは対照的に、J-REITの値下がりが続いている。

大した額ではないが、私の手持ちのREITも同様に下げている。

少し前のトランプ相場で日経が上昇していても下がるばかりだったし、北朝鮮問題で日経が下がっても下げる。

非常に頭が痛い状況ではあるが、この場合の正解は、『 下がれば少しづつ買い増していく こと 』 だと考えている。

弱小サラリーマンの私はそろそろ資金切れなので、不足する分は信用買いでナンピンしている。

 

 

ちなみに私が現在持っている銘柄は、3つしかない。

・インベスコ オフィス ジェイリート投資法人
http://www.invesco-reit.co.jp/ja/about/index.html

・サムティ  レジデンシャル投資法人
http://www.samty-residential.com/

・スターアジア不動産投資法人
http://starasia-reit.com/

の3点だ。

 

いずれも6~8%と、高い利回りの銘柄を選んでいる。

その中でもわたしが一番おススメしたいのはインベスコオフィスリートだ。

関東の方にはオナじみの、東京品川にあるこのような物件もポートフォリオとして持っている。

 


ライトプラン 詳細はこちら

詳しい内容については、下記のサイトが参考になるので、気になる方はチェックしてもらいたい。


http://www.japan-reit.com/

 

ここ最近、一時的な余剰利益の分配金を含めてだが、7~8%台のリートが増えてきている。

利回りトップのスターアジア不動産投資法人に関しては、このまま値下がりが続けば 9%を達成してしまう。
(こちらも2回限定の分配金が含まれているからなのだが、、)

そうなったら全力買いしたいところだ。

 


それに対して現物不動産に関しては、低金利の影響もあって高止まりが続いている。

割が合わない物件を買うくらいなら、利回りの良いREITを買い増していく方が効率が良いのではないか? 

というのが、最近の私の考えである。

 

なんせREITの利回りは、現物不動産と違って管理費や修理費、そして固定資産税を引いたあとの利回りとなる。

NISAの枠内分であれば、配当(家賃)に対する税金さえかからない。

 

資金に余裕のある人や、逆に現物に回す資金がない人、そして面倒な不動産の管理が嫌いな人には、J-REITという選択肢は非常にアリだと思う。

 

現物不動産との併用もおススメだ。

 






返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です