ひよっこ大家の試練 ① ~ 買ったばかりの物件で、住人が夜逃げした話

 

少しの前の話だ。

お世話になってる管理会社のエジソン部長から電話があった。

少し嫌な予感がした、、

去年末に購入した、ミノーチマ2号室の住人と連絡がとれなくなっているとのこと。

 

↓ ミノーチマ2号


「グーペ」

買って数ヶ月でこんな事態になって少々驚いたのだが、 その住人にトラブルが多かったために前オーナーが売りに出し、おかげで安く買えたのかもしれない と勝手に想像した。

幸いなことに、前オーナーが保証会社に加入してくれていたため、家賃と同額の保証金も入ってくる。

ダメージは最小限で済んだつもりだったが、、、

 

しばらく立ち退き裁判に時間を要したが、ようやく強制執行という手続きを終えて、 今回無事にその問題住人に去ってもらうことができたらしい。

 

しかし、強制執行してわかったのだが、中はゴミ屋敷と化していてフローリングはガタガタ。

フローリングシートの上張りとクロス張り替え、流しの徹底洗浄等々で、復旧費用に18万円もかかってしまったのだ。

 

 

(before)

 

(after)


wpX

 

そのうえAD(募集費用)も、¥63,000かかってしまい、 おまけに次の入居人はフリーレント1ヶ月でようやく成立という事になった。

合わせて30万円弱が消えたことになる。

 



 

出張から家に帰るとエジソンさんから請求書が届いていた。。

話しには聞いていたが、実際に請求書を見ると非常に痛い、、、うーん痛い。。。

しかし、ここは経験を買ったと思って気持ちを切り替えるしかない。(と思おう)

 

そして更に、私に追い打ちをかけるような出来事が発生する。

なんとこのタイミングで、もう1部屋の退去が決まったらしいのだ。

でも もうネムいので、その話は次回にさせていただこう。

( ゚Д゚)ネムヒー

 








返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です